商品で選ぶ

 
  • 喜久屋呉服店

 

店日記

 お店のブログ 店日記

携帯ページ

ホーム お仕立て 店舗紹介 FAX注文書 特定商取引法
喜久屋呉服店 Home»  季節ときもの»  文月(七月)のきもの


文月(七月)のきもの

 

7月~8月、きものは薄物のひとえ、長じゅばんは絽、朝、縮のひとえ仕立て、半えりは主として絽を用います。


《 参考までに・・・ 》

季節に合った素材や帯、色などの目安です。
迷ったときの参考にしてください。

 

【きものの素材】 絽・麻(上布)・夏大島・縮

【仕立て】 ひとえ

【 帯 】 絽・麻・紗・絽綴・羅・植物繊維

【長襦袢】 絽・麻・縮のひとえ仕立て

【季節の色】 白・黒・紺・水色・生成り・薄緑

【季節の柄】 水・波・朝顔

【半衿】 主として絽



● 上布 (じょうふ)

 上布は上等の布地という意味で、苧麻(ちょま、からむし)と呼ばれる麻の中の上質の糸を用いて織られる平織りの布。越後上布、宮古上布などが有名です。植物繊維には、ほかにも芭蕉布や布など、水や草の繊維で織ったものがあります。




 
*主婦の友カルチャーブックス『きものと和小物の楽しみ』から抜粋しています。