• 喜久屋呉服店

 

商品で選ぶ

店日記

 お店のブログ 店日記

携帯ページ

ホーム お仕立て 店舗紹介 FAX注文書 特定商取引法
喜久屋呉服店 Home»  季節ときもの»  弥生(三月)のきもの


弥生(三月)のきもの

三月、暖かくなり始めの季節。
温度差もあり、まだまだ寒さが残りますが、日差しはもう春。


着ものは薄手の柔らかな素材を。
明るく優しい色あわせで、柄は桜などの季節の花を取り入れていきます。

花を取り入れる場合、花の芽が出るころから満開になる直前までが適当な時期といわれています。

桜の柄についてはいろいろなご意見があるかと思います。
一般的には枝葉のついている写実的なものは春の季節。
ゆかたのようにファッション性が強い場合は、楽しんで着ていただいてよいのではないでしょうか。

《 参考までに・・・ 》

【きものの素材】 紋意匠縮緬・一越縮緬・御召

【仕立て】 袷

【 帯 】 袷帯

【長襦袢】 袖無双の胴単衣

【羽織】 無地縮緬・小紋染め

【コート】 綸子・御召

【履物】 エナメル

【季節の色】 銀ねず・若草色・水浅葱・珊瑚色・真珠色・薄鴇色

【季節の柄】 こぶし・桃・蝶・桜・春の草花・菜の花・小柄地紋